3Dテレビは本当に普及するのか

3D映像の映画が爆発的なヒットをし、この時代は3Dブームみたいになりましたね。

当然みたいに、各製造者では3D映像が見られるテレビを創り出して市場に出そうとするわけですが、肝心のテレビ番組のほうが、なかなか3D対応にならないのですね。

確かに、それは頷けます。

3Dテレビがトピックになって売られ始めたとしても、いったいどの程度のかたが即座にそれを買入出来るでしょうか。

初めはごくごく少数のかたでしょう。

近頃、3Dメガネの要らない裸眼3Dディスプレイが売り出しされたことで、それまでと比べると需要が伸びたようではありますが、一向にテレビ番組のほうの3D対応は、あまり進行していないやうですね。

それが理由となっているのかどうか、3D対応の機材だとしてもっとも売れているのは実はテレビではありません。

現時点でのお話になってしまいますが、もっとも売れているのはブルーレイディスクレコーダーですのです。

その次がデジタルカメラで、次がやっと薄型テレビだやうです。

しかしながら、このところの地デジ化によって、薄型テレビはもっとも売れる品物になるとも予測されます。

たぶん、3Dメガネが必要なテレビと比べると、裸眼3Dディスプレイ採用テレビのほうが、売れ行きが良いとおもいます。

ですが、いずれにいたしましても、従来のテレビに比べますと市場に出回ってまだ日が浅いため、買った後に、あの製造者のほうが良かった等と後悔することもありやうです。

買入前にちゃんと見比べてくださいね。

裸眼3Dディスプレイのパソコン

裸眼3Dディスプレイが売り出しされたと聴きますと、我々は真っ先にテレビをおもい浮かべるのではないでしょうか。

やはりテレビは未だに娯楽のもっともたるものですし、一家に一台以上はある必需品のようなものです

ですので、自宅で3D映像を視聴することが可能なようになったと聴くと、真っ先にテレビをおもい浮かべるのだとおもいます。

ですが、今や裸眼3Dディスプレイを採用した機材はテレビだけではありません。

テレビほどではないにしろ、各ごご身内にかなり普及していますパーソナルコンピュータもやうですのです

パーソナルコンピュータは、個人個人によって使い道が異なっていますから、パーソナルコンピュータで映像をご覧にならないかたもいらっしゃることでしょう

ですが、近頃はパーソナルコンピュータで映画等をご覧になったりするかたもたいへん増加してきましたから、やはり裸眼3Dディスプレイであるほうが良いですよね。

テレビが裸眼3Dディスプレイなのにパーソナルコンピュータが裸眼3Dディスプレイではない・・・等と言うこと言うのはもはや許されないことでしょう

各社、次々と裸眼で3D映像が見られるパーソナルコンピュータ用ディスプレイを創り出しています

パーソナルコンピュータのケースではには、オンラインで映画を見ることも出来ますし、ブルーレイディスクを投入して映画を見ることも出来ます。

パーソナルコンピュータで視聴する映像の全てが3Dで見られるようなってしょうか。

いずれはそうなるといたしましても、初めはいくらかの制限があるのでしょうか。

いずれにしましても、パーソナルコンピュータ画面が裸眼3Dディスプレイになるのはかなり楽しみですね。

裸眼3Dディスプレイの携帯電話

身のまわりに存在するイロイロな機材のディスプレイが、以来みるみる裸眼3Dディスプレイとなってゆきます。

今までに、テレビとパーソナルコンピュータのお話をいたしましたが、それ以外にどんなものがおもい浮かびますか。

やうです。

携帯電話もやうですね。

携帯電話が売り出しされたのは、そういったに何十年も昔のことではありません。

ですが、あっと言う間にパーソナルコンピュータを凌いで一人一台以上もの普及率になっているやうですね。

ディスプレイがたいへんコンパクトなので、おもいつかないかたもいらっしゃったとおもいますが、携帯電話のあの小さなディスプレイでさえも、裸眼3Dディスプレイにチェンジしてくるのです。

現実、すでにもう開発されていて、あと言うのは現実に携帯電話に採用するかどうかを検討しているところだと言うお話です。

ごくごく近い将来には、裸眼3Dディスプレイ採用の携帯電話が売り出しされるとおもいますよ。

テレビやパーソナルコンピュータ等は、それだとしてもまだ3Dメガネが必要だと言われても納得のゆくスポットであるとおもうのですが、携帯電話を利用する時に、いちいち3Dメガネをかけるわけにはいきませんから、裸眼3Dディスプレイでなければならないですよね

初めて携帯電話の裸眼3Dディスプレイを創り出したのはドコモだと言われています。

どんなメカニズムになっているかと申しますと、液晶ディスプレイの上に重ねたレンチキュラーレンズと言うものを通して見せることによって、映像を立体的に感じ取れるのだやうです

急いで、見てみたいものですね。