裸眼3Dディスプレイのスマートフォン

携帯電話と比べると一足先に、裸眼3Dディスプレイを採用したスマホがソフトバンクから売り出しされました。

ところで、携帯電話とスマホの差異と言うのを御存知でしょうか。

近頃では、スマホが勢いを増してきていますね。

これは、iphoneの影響もあるのだとおもいます。

近頃、携帯電話はたいへん進歩いたしましたから、スマホとの区別が出来ないくらいになっています。

敢えて、スマホを解説するならば、携帯電話でパーソナルコンピュータシステムが使える・・・と言ったら良いでしょうか。

そもそも、携帯電話のほうは通話がメインだったのですが、近頃はインターネットを見ることが出来るばっかりか、フルブラウザといって、パーソナルコンピュータ用の画面も見ることが可能なようになりましたよね。

ですので、だんだん境界線はなくなってきています。

しかしながら、スマホのケースではには、iphoneのコマーシャル等だとしても分かるように、パーソナルコンピュータと同様にらいイロイロなアプリケーションケーションが使えるわけですね。

OSも利用していますからより、パーソナルコンピュータに近い電話と言うことになるでしょう。

そういったわけですので、裸眼3Dディスプレイが採用されたスマホがいち急いで売り出しされるのも不思議ではありません。

早々に売り出しされた裸眼3Dディスプレイ採用のスマホは、シャープ製のものです。

全機種にAndroid OS2.2を採用しているやうですよ。

しかも、おサイフケータイやワンセグ、赤外線等世間一般的な携帯電話のシステムにも対応したといいますからヒット品物となるのではないでしょうか。

ソフトバンクはiphoneも売り出ししているので、どちらが大好評でしょう

楽しみですね。

裸眼3Dディスプレイのビデオカメラ

裸眼3Dディスプレイを採用したテレビ、パーソナルコンピュータ、携帯電話、スマホとご案内してまいりましたが、まだ他にも裸眼3Dディスプレイを採用したほうが良いとおもわれる機材はございますか。

やうですね。

携帯電話のような小ぶりのディスプレイまだとしてもが裸眼3Dディスプレイになってきているわけですので、やはりビデオカメラも裸眼で3D映像が見られるようになってもらいたいですよね。

はい、実はこれも既に売り出しされています。

ビデオカメラも携帯電話やスマホと同じように、利用する際に、いちいち3Dメガネをかけるわけにはいきませんから、やはり3D映像が見られるディスプレイにするのでしたら、裸眼3Dディスプレイでなくてはならないわけです。

それを早々に開発し、売り出ししたのは「エグゼモード」と言う専門業者です。

3Dメガネを必要とせずに録画した3D映像をその場で確認できてしまうモニターを採用したやうです

ビデオカメラでいろいろな物を録画するのがおお好みなかたにとっては、大変、嬉しいニュースではないでしょうか。

ご自身で録画した映像を3Dでご覧になることが出来るのですのでね

エグゼモードが売り出ししたビデオカメラは、動画だとしても静止画だとしても3D録画が出来ますし、再生も出来ます。

そして、3D対応のTVやパーソナルコンピュータに接続することによって録画した3D動画を大画面で見る事も可能となっています。

より一層ビックリするべきは価値です。

24800円で買入することが出来ます。

これなら、ビデオカメラに手が出ないでいたかただとしても楽しむことが出来ますよね。

裸眼3Dディスプレイのデジタルカメラ

前回は、裸眼3Dディスプレイのビデオカメラをご案内いたしましたが、ビデオカメラといいますと、じゃあデジタルカメラはどうなの?と言うことになりますよね。

はい、裸眼3Dディスプレイのデジタルカメラも当然既に売り出しされています。

近頃、売り出しされていますデジタルカメラの多くは、ビデオ映像も録画することが出来ますから、静止画ばっかりでなく、ちゃんと動画のほうも3D映像で見ることが出来るのです。

携帯電話と比べると少々大きいくらいのディスプレイではありますが、ちゃんと3D映像が見られるので初めはかなり感動的だとおもいます。

しかも、ビデオカメラと同様、自分がお好みな風景や実情を3Dで録画出来るのが良いですよね。

3Dの映像や画像と言うのは、やはり2Dと比べるとずっと臨場感があるでしょうから、旅先で撮った画像、映像等を家に持ち帰ってから見るのが、今までと比べるとずっと楽しみになりますよ。

人に見せるケースではにも、3Dですとまるでその場にいるような雰囲気にもなって喜ばれるとおもいます。

風景だけでなく人の顔等も3Dならより身近に感じ取れることが出来ますから良いですよね

さて、この裸眼3Dディスプレイのデジタルカメラをいち急いで売り出しいたしましたのは、フジフィルムです。

ワールドで初めての裸眼3Dディスプレイデジタルカメラの売り出しとなりました

今までの2Dデジタルカメラに比べますと、一まわりほど大きな大きさとなっています。

重量も100gくらい重くなりました。

敢えてデメリットをあげるとすることによって、被写体によっては立体の見え方にかなりの差があると言うことでしょうか。