裸眼3Dディスプレイの携帯ゲーム機

裸眼3Dディスプレイを採用した機材のご案内記事が続いていますが、他になにかおもいつく機材はございますか。

携帯ゲーム機をお忘れではありませんか。

携帯ゲーム機と言いますと、お子さんの遊びものと思っていらっしゃるかたもずいぶんと沢山やうですが、実にイロイロなソフトが売り出しされていますから、大人だとしても十分に楽しむことが出来るのです。

英語のスタディや漢字のスタディにかなり役立つソフト等もありますよ。

女の人のかたにはお調理のソフト等如何でしょう。

お子様が携帯ゲーム機を持っていらっしゃるのでしたら、一つそういったソフトをお買いになってその楽さを経験してみてください

英語のスタディや漢字のスタディを行なうのには、裸眼3Dディスプレイでなくとも良いのですが、世間一般的なゲームを行なうのでしたら、やはり以来はゲーム機も裸眼3Dディスプレイであるほうが良いでしょう。

そろそろ売り出し予定だやうですよ。

大好評の携帯ゲーム機、ニンテンドーDSが仮称「ニンテンドー3DS」を発表したのです。

詳しいことまでは、今のところまだ知らされてはいません。

ですが、裸眼3Dディスプレイであること、今までのニンテンドーDSシリーズのソフトだとしても遊ぶことが出来る下位互換性を確保していること等が言われています

ニンテンドーDSをお持ちのかたであるのなら、お分かりかとおもいますが、このゲーム機は本体を90度回転させて遊ぶソフトも数多くあるでしょうから、その有り様だとしても3Dで見えるようにする必要性があります。

どの程度のクオリティのディスプレイを採用するのか気になりますね。

裸眼3Dディスプレイのデジタルフォトフレーム

裸眼3Dディスプレイを採用したら良いのに・・・そうおもう機材は他にもまだ何かございますか。

こんな機材と言うのは、時代とともに向上してゆくのは当然のことですが、それと同じ時に時代に見合った新品物もぞくぞくと開発されるものです。

近頃、開発されました新しい機材として「デジタルフォトフレーム」と言うものがありますが、これに対しては御存知でしょうか。

デジタルフォトフレームと言うのは、その名前の通りデジタルの写真立てと言うことになりますが、これは、デジタル写真を表示するためのディスプレイですのです。

他の呼び方といたしましては「デジタル写真立て」や「フォトプレーヤー」等と言うのがあります。

パッと見は世間一般的なフォトフレームみたいに創られていますが、そこに映されるのがデジタル写真となってきます。

おおよそ、7インチ前後の液晶ディスプレイが利用されています。

こんな使途の機材でしたら、やはりあとあと言うのは裸眼3Dディスプレイになってゆかなくてはならないでしょう。

現実、既に裸眼3Dディスプレイのデジタルフォトフレームが売り出しされています

いち急いで、ビデオカメラを裸眼3Dディスプレイにして売り出しましたエグゼモードが、やはり裸眼3Dディスプレイのフォトフレームを売り出ししたのです。

2Dの静止画もきちんと映されますから、今までに撮りためた写真も楽しむことが出来るのが良いですね。

内蔵メモリは2GBもあるやうですので、心強いです。

あとあとも各製造者から、いっぱいの裸眼3Dディスプレイフォトフレームが売り出しされることでしょう。

早急に普及する裸眼3Dディスプレイ搭載機器は?

前回までしばらくの間、既に裸眼3Dディスプレイが採用されて売り出しされている機材、そして、以来売り出しされる予定の機材に対してのご案内をしてまいりました

そう遠くない未来に、全部の機材が裸眼3Dディスプレイ採用になるとおもわれますが、一番初めに大勢のかたがたに普及したケースおもわれるのはどの機材でしょう。

あなたの予想では、どれだとおもいますか。

やはりテレビ・・・でしょうか

しかしながら、裸眼3Dディスプレイが採用されたテレビは、かなりの額面がつけられていますから、広く普及するには少々、時間がかかるのではないかと考えられます。

いたしますと、もっと誰もが気軽に買えるスポットの価値帯のものであることがキーポイントですね、。

それで、需要の高いものとなってきますと・・・裸眼3Dディスプレイが採用された携帯電話のほうが急いで普及するのではないでしょうか。

そして、次に急いで普及するのが携帯ゲーム機ではないかとおもわれます。

携帯ゲーム機はちびっこの遊びものだと思っていらっしゃるかた・・・近頃はもうそうではないのですよ。

大人だとしても持っていらっしゃるかたが大勢いらっしゃいます

ですので、案外普及するのが早いと考えられます。

テレビの方は、地デジ対応の際に、どの程度のかたがたが裸眼3Dディスプレイ採用テレビを買ったかがその後の売れ行きを大きく左右するでしょう。

その時に、裸眼3Dディスプレイ採用テレビではない従来の2Dテレビ、若しくは3Dメガネを必要とする3Dテレビを買ったかたは、後しばらくは裸眼3Dディスプレイ採用テレビを買入しないと考えられます。

ですが、これらはあくまだとしても予測でしかありません。

1年後、3年後、5年後、10年後が楽しみですね