世界最大の裸眼3Dディスプレイ

前回の記事では、劇場の大きなスクリーンでは、まだ3D映像を裸眼のまま楽しむことが出来ないと言うお話をいたしましたね。

それでは、近頃のところ、ワールドだとしてもっとも大きな裸眼3Dディスプレイと言うのは、どの程度の大きさですのでしょう。

そのあたり、気になりませんか

既に売り出しされている裸眼3Dディスプレイ採用のテレビですと大きいもので20型ですので、まだそれ以上の裸眼3Dディスプレイは開発されていないのでは?そみたいに思ってしまいます。

そうではありません、。

近頃の時点で最大の裸眼3Dディスプレイは、70インチと言うことになっています。

この70インチもの裸眼3Dディスプレイを創り出したのは、ニューサイトジャパンと言うニホンの会社です。

そしてこの裸眼3Dディスプレイは、パララックスバリア方式を採用しているやうです。

視差数を8視差にすることによって、切り替わりの際のブレや不自然さを克服し、より一層、120度と言うワイド視程角を確保したので数多く人で3D映像を視聴可能なようになっているとのことです

このくらいの大きさであるのなら、かなり迫力があるのではないでしょうか。

少しばかり前までは、VisuMotion社が開発いたしました65インチの裸眼3Dディスプレイがワールド最大でした。

ほんの5インチではありますがその5インチがどれだけ大変であったか・・・と言うことです

しかしながらながら、裸眼で観られる3Dディスプレイは確実に大きくなっていますし、進歩しています。

劇場のスクリーンに裸眼3Dディスプレイが現れる日は遠くないでしょう。

裸眼3Dディスプレイ搭載デジタルサイネージのメリット

裸眼で3D映像を視聴すること・・・これは単なる個人的な娯楽だけにとどまらず、使い道によってはいっぱいの持つ利点をもたらすものにもなり獲得するのです。

近頃、巷でよく見かけるデジタルサイネージ、これが従来の2Dディスプレイであると比べると、裸眼3Dディスプレイであるほうが、数倍、宣伝効力が高いと言う帰趨が報告されています。

デジタルサイネージは、御存知でしょうか。

電車の中や、スーパーのレジ付近、役所の出入り口付近等イロイロなところで、いろいろな案内や宣伝をしている、一見テレビのようなディスプレイのことです。

そのデジタルサイネージも、やはり2Dから3Dの時代になろうとしているのですね。

そして、デジタルサイネージは、不特定数多くのかたがたがご覧になる媒体ですので、3Dメガネが必要な3Dではまったく役に立ちません。

3D映像を流すのなら、裸眼3Dディスプレイでなければならないのです。

近頃、3D画像、3D映像がトレンドし始めていると言うこともあり、3Dの画像には実に人が集まります。

そして、みなさま、集中してご覧になってくださいますから、デジタルサイネージで流れている広告効力が、今までの数倍に跳ねあがったやうです。

多くのかたがたが視聴してくれると言うだけでなく、観たものが記憶に残ると言うことですので、これは今が宣伝チャンスだと言っても過言ではないでしょう。

誰もが裸眼3Dディスプレイで3D画像や3D映像を自然みたいに視聴することが可能なようになってからでは、この宣伝効力は獲得することが出来ません。

なにか宣伝したい物がおありならば、今から数年間が大きなチャンスだとおもいます。

家電量販店へ出かけてみませんか

裸眼3Dディスプレイが採用された機材類の多くは、家電量販ショップに行けば見ることが出来ます。

インターネットで、そういった機材類の3D画像を見ることも可能ではありますが、あなたが見ているパーソナルコンピュータのディスプレイ自体が2D対象であるが為にに、3D画像を見ても、実に立体的に飛び出して見えると言うようなこと言うのはありません。

3D画像の雰囲気は伝わるかも知れませんが・・・。

しかしながら、家電量販ショップ等へ出向き、裸眼3Dディスプレイが採用されましたテレビ等をご覧になりますと、実に画面から飛び出して見えますから、これはちょっと感動的だとおもいますよ。

それをご覧になることで、急に裸眼3Dディスプレイ採用機材が欲しくなるかたも大勢いらっしゃいます。

やはり、今まで長いこと2Dばっかり自然に視聴していたのに、それが3Dになると言うこと言うのはセンセーショナルなことですのですね

大きな家電量販ショップでは、新生産品が売り出しされますと、そう長い時間をおかずに展示されるのが一般です。

テレビは既に何処のショップ舗だとしても展示してあるやうですが、それ以外の裸眼3Dディスプレイ機材類も、売り出しすることによって間もなく展示されることになるでしょう

最新の手法を目の当たりにしたケース言うのは、たいへん楽しいことだとしてもありますし夢が広がることだとしてもあります

それらの機材を買う、買わないは別として、それらを見て経験する目的でおでかけしませんか。

「百聞は一見に如かず」と言うのはよく言ったもので、あなたはこのブログを100回読むと比べると、現実の3D映像を一度、視聴することによってその素晴らしさを実感することが出来るでしょう。